新着をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

過去の投稿

投稿日カレンダー

2020年12月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ソレイユカテゴリー

記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

「土用の丑」と雷

 夕方からの雨で市民会館は19:00前に一時的に停電になりました。
停電など久しぶりに経験したような気がします。
ef=
 基礎練習のあと、今日はFuj先生から独奏の個人指導をしていただきました。

レッスンその1
  ★ポンセ/スケルツィーノ・メヒカーノ
    ・押さえにくい箇所は、押さえる準備を早く。備えあれば憂いなし。
    ・この曲の特長:
     # リズム(3/4と6/8の変化、ベース=6/8・旋律=3/4など)
     # 下降するベース音(レドシラなど)
  
    ・半音での下降=焦燥感、不安感、悲しい気持ち
     → 普通は人が死んだ時に使う。
   
    ・前半は、悲しいが望みがある感じで、ほのぼのと演奏する。
     後半は、追い詰められた焦った感じで、アッチェレランドで弾く。
   
など、いろいろ教えていただきました。    

レッスンその2
  ★ラウロ/エル・ネグリート
    ・右手のタッチが上に弾く形になっているため、
     音量が出ていない。
 
   ・左手の押さえにくい箇所は、左肩を下げると
    (ギターの位置は変えない)、指を広げることができる。
     
    ・セーハ練習: 1弦-6弦をセーハして、
     6弦だけ音が出るように押さえる
     →5弦だけ→4弦だけのようにセーハした1指のどこに
     力を入れればよいかの感触をつかむことが大切。
   
   ・左指の力の配分練習。7ポジションで、2弦7フレットを1指、
    3弦8フレットを2指、4弦9フレットを3指、5弦10フレットを
    4指で押さえる。右手はpima。
    2弦だけ音が出るように1指だけ力を入れて押さえる
    (234指は弦に触れるだけでmute)。次は2指だけ。
    次は3指だけのように順に力を入れる指を変えていく。

など、実技をまじえて丁寧に指導いただきました。

 <その他 連絡や相談>
  ・2010年1月末にソレイユ部内発表会を行ないます。
   それに向けて、独奏、重奏曲を練習し、
   順次、Fuj先生にレッスンいただきます。

  ・2010年11月頃を目処に、15周年記念コンサートを開催したい。
   合奏曲は、ソレイユの練習の成果を披露するという
   コンサートの目的から、半年くらいかけて練習して
   仕上げることのできる手ごたえのある曲にチャレンジしたい。
   合奏曲の選定をFuj先生にお願いしました。
 
     (以上iwaiwaさんのメールから抜粋しました。)
  
<今後の練習日>
   7/26(日)13:30~コミセン
   8/1(土) 19:00~市民会館(Fuj先生)
   8/23(日)19:00~市民会館
   8/30(日)13:30~コミセン
   9/5(土) 19:00~市民会館
   9/13(日)19:00~コミセン
   9/20(日)19:00~市民会館(予定)

Comments are closed.

ページトップ