新着をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

過去の投稿

投稿日カレンダー

2020年11月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

ソレイユカテゴリー

記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

8月10日の練習

今日は40度を超えたところもあったようです。限界を超えた暑さです。

本日は基礎練習後、Fuj先生に合奏「M.ファリャ/火祭りの踊り」と個人レッスン(共通課題曲2曲)の指導を受けました。「火祭りの踊り」では、以下の点について指導がありました。また、審査員とつとめられた全国高校マンドリン・ギター合奏コンクールのお話も伺いました。

原題「Danza Ritual del Fuego」のRitualは心霊的なという意味。魔法陣を前にして、亡くなった旦那を呼び出すという曲。おどろおどろしい感じを出して演奏する。 9小節目からの2nd、p(ピアノ)だが、はっきりと音を出す。 155小節Vivoからテンポを上げる。 167小節「Q」からはシンメトリカルな構成になっている。覚えてしまうとよい。

個人レッスンでは、

「J.K.メルツ/ロマンス」(2013年度共通独奏曲)(Krt)

フレーズをレガートに弾く。 6小節目、8小節目の「レ」はpで消音する。付点は、深刻な感じを出すために、きつめに弾くのがよい。 リタルダンドはもう少しかける方がよい。

最後の小節はベースを強調する。和音の中で特定の音を強調して弾く練習をする。その弦を弾く右指を弦に深くかける。

「N.コスト/練習曲ニ短調」(2013年度共通独奏曲)(Ing)

「ソ#」はニ短調には出てこない音だが、次の「ラ」を誘発するための音なので、強調して弾く。

メロディの音にヴィブラート。指先ではなく、肘からヴィブラートをかける。 和音は一音ずつではなく、すべての音を早く押える。

「N.コスト/練習曲ニ短調」(2013年度共通独奏曲)(Krh)

拍が違っていたり、 ベース音が違っている箇所がある。

ガイドフィンガーは、力を抜いて左指を移動する。レールの上を滑らせるイメージ。和音を先に掴むコツは空中で左指の形をセットしておく。カルカッシの和音練習がよい。

次回の指導日は、9/15(日)13:30(高槻GCとの合同基礎練習会)です。

 

コメントをする





CAPTCHA


ページトップ