新着をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

過去の投稿

投稿日カレンダー

2020年12月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ソレイユカテゴリー

記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

新編曲(7月3日の練習)

 朝から降り続く雨、メンバーも万全の雨対策で集合しました。

 7月の指導日、基礎練習の後、次のような指導をしていただきました。

1.6/20合同発表会講評:「グラナダ」はちゃんと弾けていた。
カウントが出来ているため、大きなずれなく弾けているので、
  今後もカウントは続けること。

2.新編曲合奏曲「ヘンデル/サラバンド」
 ・1拍目より2拍目を強く、膨らませる(ヴィブラート)。 
  7小節目はそうではなく、1拍目より2拍目を弱く。 
 ・1‐2小節は暗く重苦しく、3‐4小節は明るく、5‐8小節は暗く
  重苦しく。 音色を変えて弾く。
 ・7小節目を最も強く。
 ・1st、15小節目のトリルはシドシドと2回。 装飾音が拍の前に
  出ないように注意。 このトリルの音を強く。 そこに向けて
  小さくクレッシェンド。
 ・2nd、22小節6拍目のミ、23小節2拍目のミを強く。
 ・3rd、Var.II、4分音符2つを1拍として弾く。
 ・Fineの小節をリタルダンド。
 ・ヘンデルでもう1曲「パッサカリア」を編曲中。
 「サラバンド」より難易度は高い。 

3.基礎練習レッスン。 
  (0908京都ギターセミナテキスト「基礎練習:付点」)
 ・mで弾いた後、すぐにiを弦に置いて消音する。
 ・左手の親指を置く位置に注意。 親指と人差し指を合わせて最も
  力の入りやすい位置から考えて、その延長上の位置に親指を置く
  のがよい。
 ・左指を速く押さえられないのは、左肩か左わき腹に力が入っているため。 
  息をはきながら弾くと力を抜くことが出来る。 
  一定の速度で息をはきながら(スーと声に出す)、
  「禁じられた遊び」や「アルハンブラの思い出」を弾いてみるのもよい。
 ・シドレドの早弾き練習。 pは3弦に置く。 メトロノーム120で弾けるとよい。
 ・右手だけの早弾き練習。 1弦開放弦を2回、3回、4回など。 
  ギターを弾くたびに、爪の調子を確かめる、などのためにこの練習をするとよい。

<今後の練習予定>
   7/17(土) 19:00~市民会館
   7/25(日) 13:30~コミセン
   8/7(土)  19:00~市民会館(Fuj先生予定)
   8/21(土) 19:00~市民会館
   8/29(日) 13:30~コミセン
   9/4(土)  19:00~市民会館
   9/12(日) 13:30~コミセン(仮)
   9/18(土) 19:00~市民会館

コメントをする





CAPTCHA


ページトップ